自由村

自由な村の村長の生活のお役に立てる情報です。!

仮想通貨(暗号通貨)

仮想通貨で不動産売買スタート!その名はHEYAZINE COIN(ヘヤジンコイン)!

投稿日:

さとしです。

さとしは不動産投資をしていますが、仮想通貨で不動産が

買える時代がきました。

その仮想通貨はヘヤジンコイン(HEYAZINE COIN)と

言います。

 

ヘヤジンコインとはどんなものなのか、お伝えしていきたいと

思います。

スポンサーリンク

不動産売買に仮想通貨が使える時代がきた?

不動産テック起業の「イタジン」は、2018年1月10日、不動産を仮想通貨で売買するサービス「HEYAZINE COIN(ヘヤジンコイン)」を開始したと発表しました。

イタジンとは、どのような会社で、どのようなサービスが「ヘヤジンコイン」であり、どのようなメリットと注意が仮想通貨での不動産売買をするのかを説明します。

「イタンジ」とは?

東京都港区に本社を置く不動産事業では、一般消費者向け不動産の提供、不動産会社へのシステム提供、IT活用コンサルティングを行っています。

資本金は5億円で、三井住友銀行、ジャパンネット銀行との取引があります。

これは、次の3つの使命を持つレンタル取引のインフラストラクチャを提供するテクノロジー企業です。

ミッション 1 人間とテクノロジーの融合

人間と技術は、それぞれの専門分野で能力を発揮し、相互補完し、人間と技術が融合する新しい未来の形を作り出します。

ミッション 2 不動産の在り方を変えてく

不動産のデジタル化を推進することにより、固定された厳格な不動産を覆すことによって、すべての人々がすべての不動産に自由にアクセスできる世界を実現します。

ミッション 3 不動産取引をなめらかにする

労働者の分業化、技術による不動産事業の自動化、不動産取引の円滑化、世界各地の人々が必要な単位で使用・交換することを可能にすることにより、不動産の使用と資産の価値を最大化します。

伝統的な不動産事業に従事していませんが、IT技術を活用したさまざまなサービスを開発しています。

 

今回のテーマでもあるレンタル情報ポータルサイトの「ヘヤジン(HEYAZINE)」、仮想通貨決済プラットフォーム「ヘヤジンコイン」、人工知能により販売価格評価、流通サービス「Value」そして幅広いビジネスがあります。

「HEYAZINE COIN」とは?

ヘヤジンでは、不動産情報の提供元である管理会社と元付け会社だけが空室情報を掲示するだけで、コストを抑えたスマートな部屋を見つけることができるサービスです。

ヘヤジンのサイトはサービス開始から3〜4年ですが、当初からコンテンツマーケティングに注力しており、コンテンツの数や内容は豊富です。

ヘヤジンコインは仮想通貨決済に基づくリアルマネー取引プラットフォームです。

ここで利用可能な仮想通貨はビットコイン(BTC)です。

物件の購入と販売価格だけでなく、仲買手数料や経費をビットコインで清算することで決済し購入できるプラットフォームです。

ヘヤジンを運営するイタジン(株)は、仮想通貨の決済と不動産の配送をサポートしています。

仮想通貨市場と不動産市場データから構築した独自の価格設定アルゴリズムにより最適な販売価格を提案する。

「HEYAZINE COIN」の取引の流れは?

売り手とイタジンとの取引は以下の通りです。

①まず、売り手との仲介契約を締結し、物件情報を提供し、売り手を確認し、所有権文書を確認します。

②販売価格、価格決定方法、決済時期(契約時または決済時)を提案します。

③販売を開始し、見学を手配し、質問に答えます。

④買付申し込み書を受け取り、売り手に確認した後に契約を作成します。

⑤仮想通貨の支払い受諾、仮想通貨の有効性チェック、司法書士の所有権移転手続き、および売り手の口座への仮想通貨の支払いを受け付けます。

次に、買い手とイタジンの取引は以下の通りです。

①購入したい不動産を見つけた場合は、イタジンに見学会または購入依頼をしていただきます。

②不動産を観察した後、購入依頼がされたら、申請書を販売者に送付します。

③申請内容については、仮想通貨の保有残高を確認し、売り手の同意を得ると契約を結びます。

④仮想通貨の支払い受諾、仮想通貨の有効性チェック、司法書士の所有権移転手続き、および売り手の口座への仮想通貨の支払いを受け付けます。

以上がヘヤジンコインの取引の流れになます。

スポンサーリンク

不動産売買に仮想通貨を使うメリットとデメリットとは?

不動産売買取引の法定通貨(日本円)ではなく、仮想通貨であるビットコインを使用するメリットがあるのでしょうか?

また、不動産取引決済に仮想通貨を使用する際には、デメリットもあるのでしょうか?

不動産投資に仮想通貨を使うメリットとは?

一般に、不動産取引には膨大な資金が必要です。

通常、紙幣や小切手がよく使われ、銀行振込も使われます。

ビットコインは1 BTCあたりの価格の合計を表示しやすいという特性があります。(例えば1BCあたり100万円)

ビットコインの場合、ブロックチェーン技術が使用されるので、円などの法定通貨に変換されない限り、コインの動きを追跡することが可能であり、仮想通貨交換でウォレットから出勤した場合でも、いつ、誰が、どのくらい出金したかわります。

仮想通貨は、取引の安全性を確保するのに役立ちます。

さらに、イタジンは不動産の取引販売において、仮想通貨の有効性と取引に使用される仮想通貨の所有権を確認し、問題なく取引を準備することが可能になりました。

この仮想通貨の妥当性チェックはイタジンでは難しいと思われるので、仮想通貨交換などの専門機関に依頼して確認することが考えられます。

不動産通貨に仮想通貨を使うデメリットとは?

不動産の売買に仮想通貨(ビットコイン)を使用する利点は、前述のとおりですが、以下の点にデメリットがあります。

注意すべき最も重要な点は、仮想通貨の価格が大きく変動するリスクがあることです。

買い手にとって、売り手との販売価格(ビットコインで)の合意前に、ビットコインの価格は急落し、不動産購入に必要な金額が中断される可能性があります。

さらに、市場価格が下落する前に少しビットコインの価格であれば、十分に購入できる不動産をあきらめなければならない可能性があります。

一方、売り手が合意したビットコインの価格で売り手が売却した直後にビットコインが急落し、ビットコインが入金された場合、その価値が想定よりも下回る販売価値になってしまうこともあり得ます。

仮想通貨での不動産売買取引は、取引の安全性を確保するメリットがありますが、市場状況によっては、売り手と買い手の両方が損失を被る可能性があります。

ただし、ビットコイン先物などで価格変動リスクをヘッジすることも価格変動に対する措置と考えられます。

また、不動産そのものも投資価格が変動する資産であるため、仮想通貨を決済の手段として価格変動リスクを倍増させるために十分な注意を払う必要があります。

まとめ

仮想通貨で不動産売買にはメリットとデメリットがあります。

まだ始まったばかりですが今後不動産以外にも仮想通貨支払いができたり取引は仮想通貨でないとできないなんてことも出てくるでしょう。

 

お役に立てていただければ幸いです。

スポンサーリンク

-仮想通貨(暗号通貨)
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アルトコインのマイニング方法は?マイニングで稼ぐことができるか?

さとしです。 ビットコインは高価になりすぎて買う事ができないと 思っている人も多いのではないでしょうか? マイニングと言う方法を使えばビットコインがタダで 手に入れることができます。 その方法を解説し …

ネム財団がコインチェックの救済を!! 追跡プログラム開発で犯人逮捕か?

さとしです。   仮想通貨取引所コインチェックから 仮想通貨のXEMが580億円分流出した問題で、 ネム財団が救済に動き出していることを発表しています。   発表内容はハッカーによ …

ビットコイン(暗号通貨)で儲けた人に聞いてみた。

さとしです。   昨年から話題になっているビットコインですが FXなどの為替取引にかわる人気になっています。 ビットコイン(仮想通貨)で投資をして 多くの億万長者が続出しています。 &nbs …

和田晃一良(コインチェック社長)の高校と経歴に驚愕!彼女がいたことがツイッターで発覚!

さとしです。   コインチェックで大事件が起こりました。   仮想通貨NEM(ネム)が 不正アクセスされ外部へ送金されました。   世界を悩ませている仮想通貨での580億 …

ビットコインがハッキングされ仮想通貨取引所での被害が相次ぐ!ハッキング対策とは?

さとしです。 仮想通貨取引所からハッキングされ仮想通貨が 盗まれています。 個人で投資して一攫千金を目当てにかけている人も 多いと思いますが大切なお金をハッキングされて盗まれるほど 悔しいことはありま …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。