自由村

自由な村の村長の生活のお役に立てる情報です。!

仮想通貨(暗号通貨)

ビットコインのルールがあるのか?現在の発行枚数に制限がある!?

投稿日:2018年2月9日 更新日:

さとしです。

仮想通貨については数千種類あり全て把握するのはとても難しいです。

仮想通貨で一番有名なビットコイン一つとってもいろいろなルールが

あり規制もされています。

何でもありみたいに見えますが実は発行量も規制があり上限が

決まっています。

スポンサーリンク

ビットコインの発行量の限度について制限がある?

ビットコインはいつでも好きなだけ発行することはできません。

ビットコインを金銭にするためには、構造を作る段階で、さまざまな仕組みをプログラムに組み込んで完成させます。

新たに発給されたビットコインの発行枚数、発行スピード、発行量等には理由があり、規制されている。

そこで、発行枚数の上限や上限を決めた理由など、ビットコインの発行量についてお伝えします。

ビットコインの発行量が限度に達成したら?

法定通貨の場合、それは政府、中央銀行などによって規制されながら発行されます。

ビットコインの場合、そのような管理を管理する代理店は存在しないので、ビットコインをプログラミングするときは、事前に発行量と発行速度を決定することによってプログラミングが行われます。

発行限度額は2100万枚です。 固定の速度でビットコイン毎にマイニング(採掘)を行うたびに、新たに新しいビットコイン発行が発行されます。

毎日採掘することによって、残りのビットコインの数は毎日減少し、約1667万個の新しいコインが既に発行されています。

新たに発行されるスピードも決定され、発行のペースを緩和する仕組みは4年ごとに行われます。

速いスピードで発行されたビットコインは、今から残りの433万枚のビットコインに対して徐々に発行されます。

約2140年が発行の限界に達すると言われています。

ビットコインの新しい発行はまだ残っていますが、発行の限界を確立することによって値が上昇しており、需要は年々増加しています。

発行量が決まっている為希少性が高まっています。

将来的にユーザーの増加を見込んでビットコインが増加すると予想されている。ウォレット業者、売買業者などの業者や、レストランや小売店などの店舗や、オンライン小売店などの業者による増加が見込まれています。

例えば、SNSは、一般ユーザー向けに使いやすく、コアユーザーの中にはハード面があるため、ユーザー数が爆発的に増加しています。

これらのことから、ビットコインはインターネットの仮想空間だけのネットワークではなく、ユーザーネットワークなどの現実世界のネットワークが拡大し、さらに価値をさらに高めていくことが期待されます。

さらに、ビットコインの特性の一つである「発行限度」が目立つようになり、多くの人が希少価値が増して取引が始まり、注目度がさらに高まり、さらに価値を生みます。

発行量のスピードは?

ビットコインは、誕生から今日までわずか8年間で爆発的であると言っても過言ではないほど速く発行されています。

しかし、発行数の急増に見られるように、ビットコインが作成された元のプログラムの発行速度は徐々に低下している。

現時点では新たなビットコインの発行量が急速に増加しているが、2020年以降は新たに発行された発行速度も突然停滞し、発行量はほとんど変わらない。

現時点では、総額の87%が発行され、今後10年間で12%が徐々に発行されます。

そして、2030年に99%の硬貨が発行されます。 さらに、残りの1%は、今後100年以上の間に分単位で発行される予定です。

発行上限は2100万枚近くにまで達していますが、発行枚数は2100万枚を超えることはありません。

いつまで発行され続けるのか?

過去には、ビットコインの発行コインの最大数は2,100万であったが、プログラムに組み込まれている正確な発行限度は20,999,999.9769枚と決定されています。

ビットコインのマイニングの承認には約10分かかり、毎日144ブロックが毎日新しく作成されます。

マイニング手数料は現在12.5 BTCであり、半減期ごとに半減するため、12,5 BTC→6.25 BTC→3,125 BTC …は引き続き半減します。

発行の上限と承認に要した時間と、半減期のためにマイニング料金の半分に基づいて、すべてのブロックを承認するまでに約132年かかると言われています。

新たに発行されたペースは、将来的にはかなり下がるが、2140年頃の上限に達するまで発行されます。

限度に達成するとマイニングができるのか?

ビットコインについての疑問は、常に出てくるビットコインが発行限度に達した後に現在実行されているマイニングが行われているかどうかという問題です。

2140年までに発行されたビットコインが発行限度に達すると、マイニングは行われないが、ビットコインの価値は保持されないというサイトも見かけます。

従って、ビットコインが発行されたときに既に考えられていたことは、すべての取引に対して支払われる「取引手数料」である。

マイニング手数料が無くなるとマイニングへの関心は示されなくなり、ビットコインの価値自体も大きく関与してきます。

当社は、4年ごとの半減期ごとに取引手数料を引き上げる仕組みをすでに確立しており、この取引手数料は発行限度に達した後に新たな発行ではなくマイニング手数料として支払われることが期待されています。

最終的にこの取引手数料がどれくらいか分かりませんが、将来は現在よりも高い手数料を支払うと考えられています。

上限はなぜ2100万枚なのか?

なぜ、ビットコインの発行限度は2100万枚なのでしょうか?

これは通貨と金の埋蔵限界を意識していると言われています。

これまで人類史上急速なインフレが繰り返されてきています。

通貨を発行している機関が無条件に通貨を発行すると、超インフレに陥ります。

たとえば、米が10kg 10,000円であるとします。

インフレが起こると、米の生産量が制限され、1万円で米の価格を急速に買うことができ、米の価格は1000万円にも急速に100万円にもなります。

ビットコインでは、そのようなインフレを事前に予測し、発行の上限を決定しているのです。

スポンサーリンク

ビットコインはこれからどうなるの?

将来の見通しが広く知られるように、ビットコインの将来について懸念しています。

新しく発行されたコインの上限や期限、発行限度後のビットコインの制限など、ビットコイン自体の仕組みを知ることで、理解を深めることができます。

これらの仕組みをお伝えしていきます。

仕組みを知ることで全体像が見える!

お金の交換に2人に分かれたビットコインとシステムに参加している参加者には、インターネットを介してお金を交換する際に常に必要とされていた管理機関を必要としません。

したがって、ユーザーが行った取引を記録し、参加者に報酬が発生する仕組みを提供することです。それぞれのルールは、ビットコインを安心して使用できます。

不特定多数の参加者が電子システムを運用するために、発行限度や新しく発行されるビットコインの設定や手数料がマイナスになる通貨などの投資と投機、それを使用する上での重要なメカニズムを知ることによって、全体のコインを得ることができます。

ビットコイン発行期限と限度は?

新たに発行されたビットコインはマイニング手数料として支払われるが、2140年にはビットコインの発行限度に達する。

それ以降は発行されませんので、マイニングで得られる報酬は、新たに発行されたビットコインから、ビットコインを使用して得られた報酬を得たシステムに変更されます。

このことから、新たに発行された2100万枚に達するビットコインの期限と限度は2140年であることが推測されます。

おおまかなことは予測がつくものの、おおよその期待は物や金の価値に結びつくかもしれませんが、ビットコインが将来歓迎される上限にどれくらいの価値があるのか?確実なことを予測している人はいません。

しかし、ビットコインの発行期限と限度額は、突然インフレをもたらす可能性があるため、インフレを引き起こさないシステムを作った為お金として価値が継続されるのです。

新規発行終了後のビットコインはどうなるのか?

ビットコインは多くの発行が行われていますが、発行限度額が来てすぐに、発行後のビットコインはどうなってしまうのか? とても気になると思います。

マイニングは新たに発行されたビットコインを得ることを目的としているので、ビットコインの価値が失われると無価値であり、システム自体が崩壊すると考えてもおかしくありません。

ビットコインはP2Pシステム上で動作しているため、インターネットに接続されたPCが存在し続ける限り、それは継続すると言われています。

しかし、100年後に新たに発行される予定のビットコインの世界では、さらに優れたシステムを組み合わせた新しい仮想通貨が人気を博していることが十分に予想されます。

これからビットコインは衰退するのか?

ビットコインは将来的に減少するだろうか? 恐らくそんなことはないと思います。

発行限度に達し、マイニングで新たに発行されたコインを得ることができない場合でも、後にマイニング手数料として手数料を受け取ることができるシステムが既に存在します。

現時点ではマイニング手数料として受け取る手数料は非常に小さいが、半減期になるたびに手数料を引き上げる制度がすでに存在しており、新しく発行されない場合はおそらく報酬となる金額をマイニングごとに払われることになると言われています。

スポンサーリンク

ビットコインの使用や発行量に関する注意点!

最初からビットコインの発行量には限界があります。

新しく発行された数量は、ビットコインを使用して取引データを含むブロックが一定量生成されたときの半減期がきます。

この半減期に達すると、新たに発行されるビットコインの流通量が減少するので、価格変動も伴います。したがって、ビットコインを使用する場合、半減期に注意していくことが必要です。

4年に一回の半減期がくる?

ビットコインは、新たに発行されたビットコインおよび取引手数料を、マイニングによる報酬として獲得することができます。

ビットコインは他の仮想通貨よりも問題が少なく、すでに発行限度額が設定されているため、新たに発行されたビットコインを報酬として永久に受け取ることはできません。

これから起こるのは、ここに登場するビットコインの「半減期」です。

半減期は、10分ごとに生成された新しいブロックが210,000個に達したときに訪れます。

最初のブロックは2009年1月3日に作成され、半減期は210,000に達し、2012年11月28日に半減期に達しました。その後ブロックはスムーズに生産され続け、2016年7月9日に2回目となる半減期が来ました。

2020年の次の半減期は、ビットコインロックなどのサイトでのおおよその到着時間を知ることができ、4年に1回のペースであるため、21万ブロックの生成に要する時間は限界に達します。半減期は おおよその予測ができます。

2141年に全てのビットコインが発行済みになる?

ビットコインは2140年にすべてのビットコインについて発行されます。

予定通りに発行の限度に達すると2141年に何が起こるでしょうか?

発行する新しいコインはないので、新しい発行コインはマイニング手数料の支払いを受けれません。

しかし、価値そのものとシステムは無くなることはありません。

2141年に、マイニングの補償が新たに発行されたコインから手数料に切り替わります。

これにより、現時点での半減期ごとの手数料が既に増額されており、発行限度に達した時点で手数料として設定され、上限額に達するようにシステムが組み立てられます。

新規発行は半減する?

発行上限を設定することで金などの天然資源に似た価格変動を起こすと言われています。

天然資源と同様に、ビットコインは、発行上限または半減期のために発行された枚数によって新たに生成されたビットコインの数を制限するようになります。

なぜなら、自由に発行すれば突然のインフレが起こることが予想され、いつも常に一定の金額を発行し続けていると、発行限度のために「資源」が使い果たされるからです。

新しい発行量を徐々に減らすことで、金のような天然資源のように価値が上昇することが期待できます。

半減期ごとの新しい問題の数を減らすことを敢えて、価値を保持し、リスクを回避するのです。

まとめ

ビットコインはインフレ防止のため発行量を制限し価値を高めています。

マイニングで稼ごうとしている人は今のうちに参入することをお勧めします。

半減期がくる前に稼げるだけ稼ぐのです。

仮想通貨は今が参入時とさとしは思っています。

お役に立てて頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

-仮想通貨(暗号通貨)
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビットコイン(仮想通貨)簡単に分かりやすく説明!

さとしです。   最近テレビのコマーシャルでもタレントさんが 宣伝しているビットコイン(仮想通貨)ですが ものすごい勢いで値上がりしているため気に なっている方も多いかと思います。 &nbs …

ネム財団がコインチェックの救済を!! 追跡プログラム開発で犯人逮捕か?

さとしです。   仮想通貨取引所コインチェックから 仮想通貨のXEMが580億円分流出した問題で、 ネム財団が救済に動き出していることを発表しています。   発表内容はハッカーによ …

コインチェック(Coincheck)は、2月13日に日本円の引き出しを再開することを決定した。

さとしです。 コインチェック(株)が2月13日から取引を再開すると 各メディアが報じています。 賠償問題もあるなかコインチェックの仮想通貨売買から目が離せません。 スポンサーリンク 目次1 Coinc …

仮想通貨で不動産売買スタート!その名はHEYAZINE COIN(ヘヤジンコイン)!

さとしです。 さとしは不動産投資をしていますが、仮想通貨で不動産が 買える時代がきました。 その仮想通貨はヘヤジンコイン(HEYAZINE COIN)と 言います。   ヘヤジンコインとはど …

和田晃一良(コインチェック社長)の高校と経歴に驚愕!彼女がいたことがツイッターで発覚!

さとしです。   コインチェックで大事件が起こりました。   仮想通貨NEM(ネム)が 不正アクセスされ外部へ送金されました。   世界を悩ませている仮想通貨での580億 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。