自由村

自由な村の村長の生活のお役に立てる情報です。!

仮想通貨(暗号通貨)

ビットコインがハッキングされ仮想通貨取引所での被害が相次ぐ!ハッキング対策とは?

投稿日:

さとしです。

仮想通貨取引所からハッキングされ仮想通貨が

盗まれています。

個人で投資して一攫千金を目当てにかけている人も

多いと思いますが大切なお金をハッキングされて盗まれるほど

悔しいことはありません。

大暴落しても悔しいですが予測できる分仕方ないかなと諦めも

付きますが、ハッキングされて無くなるほどつらいものはありません。

ハッキングにどう対応していけば安全に仮想通貨に投機できるのか、

お伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ビットコインは簡単にハッキングできますか? 誤解と本物の手口とは?

最近、ビットコインのことは良く聞くことがありますが、実態が何もないので仮想通貨は安全ではないと多くの人々が考えていませんか?

しかも、ビットコインがハッキングされたというニュースが流れたので、心配している人も多いと思います。

ビットコインは、ブロックチェーンと呼ばれる技術に基づいています。 ブロックチェーンとは、従来の集中型データベースとは異なり、不特定多数で履歴を共有することにより、信頼性が保証されます。

名前からわかるように、特定の取引が行われると、チェーンのようにグループ化され、チェーンのように接続されますが、各ブロックは前のブロックに接続されているため、それを改ざんしようとすると、 新たな取引によって次々に完了するブロックを改ざんし、物理的に改ざんできないメカニズムを作り出す仕組みです。

なぜ、ビットコインがハッキングされたというニュースが流れるのか?

ビットコインのハッキングの手口とは?

ビットコインが主にハッキングされる場合2つの兆候があります。 1つは、取引所からビットコインを盗み、もう1つはWallet(ウォレット)をハッキングすることです。

他の方法があるようですが、ほとんどのビットコインハッキングがこの2つの方法になっています。

では、どうやってそれぞれの方法でハッキングするのか? それぞれを詳細に説明したいと思います。

狙われるのは仮想通貨取引所

ビットコインが主にターゲットとされているのは取引所です。取引所は、ほとんどのコインを保持する場所になります。 したがって、それを狙うのが最も簡単です。

セキュリティを強化することによって取引が処理されているようだが、いたちごっこになっていて被害が後を絶ちません。

ビットコインがハッキングされたために破産した取引所もあるようです。

取引所は、コインやその他の通貨を最後に交換する場所であり、銀行などの預金を目的としていないため、ハッカーの目指す場所のようです。

取引所のハッキングとは?

取引所のハッキングは、主に2つの方法で行われます。 1つは外部からハッキングしています。 もう一つは内部からハッキングしているようです。

外部の場合、サイバー攻撃を受けてユーザーアカウント情報を漏らして顧客アカウントから仮想通貨を盗む方法です。

最近では、証券取引もセキュリティに重点を置いており、2段階認証などの方法で対策を講じている取引所が数多くあります。

内部的な方法として、取引所の内部の専門家が仮想通貨を盗みます。

現時点で最大の被害を受けているとされるマウント・ゴックスの事件を代表者が盗んだという。

スポンサーリンク

なぜ仮想通貨取引所が狙われる?

取引所の背後にある最大の要因は、そこにビットコインが集まるからです。

交換の中に協力者がいる場合は、簡単にハッキングすることもできます。

仮想通貨は実際の通貨とは異なります。単にデータを取り出すだけで盗むことができるので、銀行強盗よりは、そのリスクは小さく、そのような被害が今後ますます増えてくると思います。

実際に起きた取引所のハッキング事件

実際に取引所で発生したいくつかのハッキングの被害を紹介したいと思います。

約1億円の被害にから約5、000億円の被害があります。

すべてを上げることはできませんが、5件の有名な事件を紹介します。

マウントゴックス事件

ビットコインのおそらく最も有名な流出事件です。

この場合、現在のレートで換算すると、合計750,000BTCものビットコインがハッキングされ、約5,000億円に相当となります。

被害額の大きさのために、事件はニュースなどでも広く取り上げられました。多くの人がよく知っていると思います。

現時点で失われた資産は払い戻されなかったので、マウントゴックス社にビットコインを保管した投資家は大きな資産を失いました。

韓国のBithumb事件

ビットコインとイーサリアムを扱う世界最大の取引所の一つである韓国のBithumbもハッキングの被害を受けた。

3万以上のユーザーアカウントが漏洩し、約1億1,000万円以上の仮想通貨が盗まれたようです。

この場合、取引所はハッキングされませんでしたが、一部のユーザーの個人情報が漏洩し、その個人のコンピュータがハッキングされたために盗難されたようです。

香港のBitfinex(ビットフィネックス)事件

マウント・ゴックス社事件後の2番目に大きなコイン流出事件は、香港のビットフィネックス事件である。 総損害額は日本円で約70億円です。

このハッカーは、BitfinexとBitGoによるマルチシグセキュリティシステムの脆弱性について発生しましたが、BitfinexとBitGoはセキュリティの欠陥を否定しました。

マルチシングは、暗号キーを2つ以上に分割する方法であり、一定数の鍵が一致しない限り、ビットコインにアクセスすることができないため、セキュリティが何度も増加すると言われている。

しかしBitfinexは損失を被るユーザーにBFXトークンを発行しており、影響を受ける投資家のほとんどにゆっくり着実に払い戻されているようだ。

カナダのFlexcoin(フレックスコイン)事件

カナダのアルバータ州のエクスチェンジのフレックスコインのハッカー盗難により、896ビットのコインが不正に取り出されました。

被害額は日本円で約6100万円です。

すべてのビットコインが引き出されたわけではありませんが、ホットウォレット(オンライン)に入金されたビットコインのみで、コールドウォレット(オフライン)に入金することは安全だったようです。

Flex Coin Co.、Ltd.は、損失をカバーするためのリソースや資産を持っていなかったため、取引を停止しました。

ブルガリアのビットコイン取引所BTC-e事件

世界最古のブルガリアのビットコインの交換BTC – eが突然オフラインになったためにGOXが行われたと言われましたが、その間にお金が流出しました。

翌日、ロシアのAlexander Vinnikという男がギリシャで40億ドルのマネーロンダリングのために逮捕された。

アレクサンダー・ヴィニクがマウント・ゴックの犯人であることが公表された。

それは他のいくつかの盗難にも関わっているようであり、今からさまざまな形で明らかになることでしょう。

スポンサーリンク

ウォレットのハッキングは「ホットウォレット」

すべてのビットコインは自分で作成したアカウントのビットコインウォレットで管理されます。

このビットコインウォレットには、秘密の暗号キーが設定されており、このキーを入力することにより、ビットコインを出し入れすることができます。

このキーは、銀行内の印鑑または暗証番号に対応しているため、このキーが漏れた場合、ハッキングされ、ビットコインが引き出されます。

この暗号化キーは、英数字からなる一連の文字列です。

ウォレットのハッキングとは?

ハッカーは暗号キーを盗みます。

ハッカーは、オンラインウォレットサービスを繰り返し攻撃しています。オンラインサービスでは、多くのユーザーに対して多数のビットコイン暗号化キーを保持しています。

このハッキング方法は、暗号化キーを取得するとたくさんのビットコインが得られるので理にかなっています。

したがって、この暗号化キーをオフラインで管理すると、そのようなハッキングの被害はありません。

しかし、ハッキングが外部のハッカーではなく、内部にビットコインウォレットサービスの利害関係者であれば、ユーザーの暗号キーを簡単にコピーすることができます。

そのような損害に対処しないために、コインをホットウォレットに入れないでください。

ウォレットのハッキング事件が実際に発生しました。

「JAXX Wallet 事件です。」
JAXXは、世界的に有名な仮想通貨ウォレットの1つです。

JAXX Walletは、1つのウォレットを使用して複数の仮想通貨を管理することができ、パーソナル・コンピュータ、スマートフォン、タブレットなどのさまざまなデバイスで使用できるフィーチャー・ウォレットになります。

また、9種類の仮想通貨がサポートされています。

ハッカーが12語のバックアップフレーズを抽出することを可能にする脆弱性がJAXXウォレットに発見され、仮想通貨相当の400,000ドルが既に盗まれているようです。

スポンサーリンク

仮想通貨のハッキングの手口別の対策方法とは?

ビットコインなどの仮想通貨の世界では、ハッキングによっていつ資産を奪われるか分からないので、仮想通貨の引き渡しを考えている人々について心配だと思います。

ただし、自分で正しく管理できる場合は、ハッキングの心配をほとんどなくすことができます。

では、仮想通貨をハッキングからどのように守ればいいのか?

ハッキング方法別に対策を紹介したいと思います。

取引所を狙う手口からビットコインを守るにはどうするか?

まずは、取引所からのハッキング対策を紹介したいと思います。

対策には2つの方法があります。

最初に、安心できる取引所を選ぶことです。

それはあなたが長い間取引所に入金しないことです。

ビットコインはウォレットへ!取引所にビットコインを預けない!

ビットコインを管理する最も安全な方法は、オンラインではなくオフラインで管理することです。

それはウォームウォレットではなく、コールドウォレットで管理しましょう。

そして取引所で取引する以外にビットコインを入金しないようにしましょう。 ネット上の暗号キーを管理するのではなく、USBや紙に書き込んで管理することです。

二段階認証の仮想通貨取引所を選ぶこと!

最近、多くの取引所で2段階認証が採用されています。 これは、IDとパスワードに加えてその場限りのワンタイムパスワードを使用してログインする方法です。

それは、歪んだ英数字を画面に入力する方法です。

この2段階認証によるセキュリティが強化されています。

また、ビットフライヤーやコインチェックなどの取引では、ログイン時に2段階認証が行われても、仮想通貨が盗まれても上限がありますが、保険で補償されます。

複数の仮想通貨取引所を利用してリスクを分散すること!

もちろん、ハッキングされるのを避けるのが最善ですが、仮想通貨のハッキング事件がまだ世界に多く後を絶ちません。

したがって、複数の取引所を使用してハッキング対策することも頭に入れておきたいものです。

実際のお金でさえ、銀行に入金したり、家で管理したりするのと同じです。 リスクヘッジはすべての点で重要です。

ウォレットを狙う手口からビットコインを守るにはどうするか?

次にウォレットをターゲットにする方法から仮想通貨を保護する方法を紹介したいと思います。

仮想通貨を管理するさまざまなウォレットがありますが、最も重要なことは適切なウォレットを使用することです。

それぞれについて説明します。

セキュリティ面ならハードウェアウォレットが一番!

頻繁に取引する人にとっては面倒かもしれませんが、オフラインウォレットでの管理は最も安全に管理できます。

ハードウェアウォレットとペーパーウォレットは個人の認証キーを個別に所有できるため、確実なセキュリティを確保して安心して管理できます。

その場合、取引や売買の際に、ハードウェアウォレットから必要な分だけ払い出してセキュリティを維持しながら、他の資産から金銭を送金することができます。

スポンサーリンク

パスワードは使いまわさないのは常識!

最近、パスワードはインターネットや私生活のさまざまなシーンで頻繁に使用されているので、パスワードを使用する人が増えていると思いますが、同じパスワードを使用しない方がよいでしょう。

ハッキングはサイバー攻撃をWalletに直接攻撃するだけでなく、PC自体も攻撃の対象となります。

ウイルスがコンピュータに侵入すると、パスワードが盗まれ、同時に仮想通貨が流出する可能性があります。

ウォレットのパスワードを別に管理しないと、安全に管理できなくなります。

北朝鮮がビットコインを狙っている?

最近、北朝鮮に対する経済制裁が強化されているため、ビットコインなどの仮想通貨を目指しているようだ。

実際、北朝鮮のハッカーたちは、韓国の仮想通貨交換や関連サイト、ビットコイン関連のニュースを扱うサイト、ランサムウェアの「ワナクライ」を使ったサイバー攻撃を世界中でやっているようだ。

韓国の3つの仮想通貨交換はサイバー攻撃によって攻撃され、そのうち3,800のBTCが取引所ヤピゾンで盗まれた。

このサイバー攻撃は北朝鮮の仕事でもあると囁かれている。

韓国のBithumb事件の犯人とは

韓国のBithumb事件では、3万以上のユーザーアカウントから約1億1000万円以上の仮想通貨が盗まれたが、明らかに北朝鮮の犯人という見方がある。

Bithumbの事件は本社サーバではないので、従業員のPCがハッキングされたいわゆるスピアフィッシングで、北朝鮮のハッカーなどがこのような方法でハッキングしていることが得意なようです。

しかし、真実はまだ解明されていません。

北朝鮮からのサイバー攻撃は最近韓国の取引所で確認されているようだ。

なぜ北朝鮮はビットコインを狙うのか?

価値があるからに決まっているのです。

現金と比較して盗み出した場合、仮想通貨は追跡するのが難しいです。

また、仮想通貨は国家統制の対象ではなく、その秘密は保護されています。

したがって、資金調達やマネーロンダリングの手段として有用だと思います。

 

ハッキングにより全てのビットコインを失う可能性も!

仮想通貨は利益は多く予想されるので、将来的には多くの人が仮想通貨に興味を持つと思います。

しかし、仮想通貨はハッキングされることによってすべてを失うリスクについて考える必要があります。

実際にたくさんの富を得た人もいる反面、富を失った人も多くいました。

仮想通貨を管理を考えれば、リスクについて適切に対応できます。

仮想通貨は将来的に優れた発展を遂げることが期待されます。

上記のように、適切な対策を講じれば、仮想通貨で稼ぐことが

できるようになると思います。

まとめ

仮想通貨の個人投機にはリスクがあることはお伝えしました。

リスクをとるからこそ莫大な資産を築くことができます。

リスクとうまく付き合う事で大きく稼いでいくことができるのが

仮想通貨への投機です。

お役に立てていただければ幸いです。

スポンサーリンク

-仮想通貨(暗号通貨)
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビットコイン(仮想通貨)簡単に分かりやすく説明!

さとしです。   最近テレビのコマーシャルでもタレントさんが 宣伝しているビットコイン(仮想通貨)ですが ものすごい勢いで値上がりしているため気に なっている方も多いかと思います。 &nbs …

和田晃一良(コインチェック社長)の高校と経歴に驚愕!彼女がいたことがツイッターで発覚!

さとしです。   コインチェックで大事件が起こりました。   仮想通貨NEM(ネム)が 不正アクセスされ外部へ送金されました。   世界を悩ませている仮想通貨での580億 …

ビットコインのルールがあるのか?現在の発行枚数に制限がある!?

さとしです。 仮想通貨については数千種類あり全て把握するのはとても難しいです。 仮想通貨で一番有名なビットコイン一つとってもいろいろなルールが あり規制もされています。 何でもありみたいに見えますが実 …

コインチェック(Coincheck)は、2月13日に日本円の引き出しを再開することを決定した。

さとしです。 コインチェック(株)が2月13日から取引を再開すると 各メディアが報じています。 賠償問題もあるなかコインチェックの仮想通貨売買から目が離せません。 スポンサーリンク 目次1 Coinc …

ネム財団がコインチェックの救済を!! 追跡プログラム開発で犯人逮捕か?

さとしです。   仮想通貨取引所コインチェックから 仮想通貨のXEMが580億円分流出した問題で、 ネム財団が救済に動き出していることを発表しています。   発表内容はハッカーによ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。