自由村

自由な村の村長の生活のお役に立てる情報です。!

スポーツ

吉田麻也 海外メディア絶賛するルカクを完封した技術とは?

投稿日:2018年7月4日 更新日:

さとしです。

サッカーワールドカップでベルギーに残念ながら3対2で日本は負けてしまいました。

2得点入れた時は勝った!と思いましたが、あっと言う間に逆転されてしまいました。

その中でもベルギー代表のルカクの活躍が見られませんでした。

圧倒的な実力があるルカクを抑えた日本人は吉田麻也選手です。

吉田麻也選手が海外メディアで絶賛されているのはなぜか?負けたのに称賛されている理由についてお伝え致します。

スポンサーリンク

 

ルカクを封じた吉田麻也を絶賛するメディア!

 

“ルカク封じ”の吉田麻也に英メディアが両軍最高評価 「スペースを与えなかった」

7/3(火) 8:11配信

Football ZONE web

“ルカク封じ”の吉田麻也に英メディアが両軍最高評価 「スペースを与えなかった」

190cm・94kgの巨漢ルカクを抑えた吉田がゲームMVP 乾も同様に8点の高評価

 ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦、ベルギー対日本が現地時間2日に行われ、日本は2-3の逆転負けを喫した。しかし、優勝候補の一角ベルギーを追い詰めたことで、海外メディアでは称賛の声が上がっている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」では、FWロメル・ルカクに自由を与えなかったセンターバックの吉田麻也にチームトップタイの評価を与え、マン・オブ・ザ・マッチに選出した。

スポンサーリンク

規格外のストライカーを蚊帳の外へと追いやった。吉田は身長190センチで、体重100kg近い巨漢のルカクとマッチアップ。しかし、空中戦でも簡単には競り負けず、グループリーグで4得点を決めていた相手エースに決定的な仕事をさせなかった。

日本は2点差をひっくり返されて敗れたが、海外メディアはディフェンスリーダー吉田の活躍に注目。「ヨシダは日本の不屈の回復力を見せ、ロストフ・アリーナでの活発な90分間、ルカクを鎮圧した」「ルカクは好調を維持することに失敗。ヨシダは彼にスペースを与えなかった」と好印象の評価が並び、「見事なパフォーマンス」とまとめられた。

記事では、10点満点の選手採点を公開。吉田と、追加点を奪ったMF乾貴士が両チーム通じてトップタイの8点を獲得。吉田はマン・オブ・ザ・マッチに選出された。二人を除くスタメン9選手も全て7点と、日本は敗れたチームとしては異例の高評価となった。

一方、勝利したベルギーではDFヴァンサン・コンパニとFWエデン・アザール、DFトーマス・ムニエ、途中出場でいずれも得点したMFマルアン・フェライニとMFナセル・シャドリが7点でトップタイ。その他7選手が6点で、MFヤニック・カラスコが単独ワーストの4点だった。

Football ZONE web編集部

 

吉田麻也が称賛される理由とは?

吉田麻也選手が英メディアにベルギーの選手よりも称賛された理由とはいったい何だったのでしょうか?

ベルギーのルカク選手は体重が100キロ近い選手で、身長も190センチとかなり大きな選手です。

体が大きい選手に対して、比較的小柄な日本人は当たり負けしてしまい、試合の主導権を握られてしまうことは、サッカーでは往々にてありました。

しかしながら、吉田麻也選手は大柄なルカクを徹底的にマークし、サッカーをさせなかったのです。

予選3試合で4ゴールと、得点王候補であるルカク選手を完全に封じ込めたことで、吉田麻也選手に対して英メディアから称賛の声が挙がっているのです。

ルカク選手は世界最高のリーグ、イングランド・プレミアリーグの「マンチェスター・ユナイテッド」に所属する点取り屋です。

普段から、ルカク選手の活躍を目の当たりにしている英メディアが称賛しているのですから、かなり高い評価なのではないでしょうか。

ちなみに吉田麻也選手はプレミアリーグの「サウサンプトン」に所属しており、ルカク選手と戦ったことも多々あり、その経験も活きたのではないでしょうか。

 

ルカク選手プロフィール

【名前】ロメル・メナマ・ルカク(Romelu LUKAKU)

【出身】アントウェルペン

【生年月日】1993年5月13日

【身長】190cm

【体重】94kg

【利き足】左足

【所属チーム】:マンチェスター・ユナイテッド

 

【リーグ戦記録】
2008-09 アンデルレヒト(ベルギー) 1試合・0得点
2009-10 アンデルレヒト(ベルギー) 24試合・14得点
2010-11 アンデルレヒト(ベルギー) 28試合・12得点
2011-12 アンデルレヒト(ベルギー) 2試合・2得点
2011Aug. チェルシー(イングランド) 8試合・0得点
2012-13 ウェスト・ブロムウィッチ(イングランド) 35試合・17得点
2013-14 チェルシー(イングランド) 2試合・0得点
2013Sep. エヴァートン(イングランド) 31試合・15得点
2014-15 エヴァートン(イングランド) 36試合・10得点
2015-16 エヴァートン(イングランド) 37試合・18得点
2016-17 エヴァートン(イングランド) 37試合・25得点
2017-18 マンチェスター・U(イングランド) 34試合・16得点

これだけの記録を観ると2試合に1得点は入れているという驚異的な点取り屋です。

この点取り屋のルカクを抑えた吉田麻也選手の評価が高くなるのは当然となりますね。

 

まとめ

ベルギーに負けはしましたが、吉田麻也選手が称賛され他の選手についてもベルギーの選手を上回った評価がされています。

ワールドカップが終わった後には吉田麻也選手の獲得でオファーが殺到するのではないでしょうか?

ベルギーに負けたのに日本の評価が高いというのは同じ日本人としてうれしい限りですね。

ほんとに惜しかった!

スポンサーリンク

-スポーツ
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【必見】ポーランドの美女サポーター!日本男性がモテる?

さとしです。 サッカーワールドカップで日本対ポーランド戦は惜しくも負けてしましたましたが、決勝トーナメントに行くことはできましたのでひとまず安心しました。 ポーランド戦の戦略も思い切ったことをしました …

大塚吉兵衛(日大学長)の記者会見は始まる前から謎のおばさん乱入事件!強制退出⁉

さとしです。 連日話題となっている日大ですが、日本大学の学長の大塚吉兵衛(おおつかきちべえ)氏が日大アメフト部の内田監督と井上コーチに続き記者会見を開いたことで注目されています。 大塚吉兵衛さんは73 …

【画像あり】ワールドカップ美女サポーターまとめ!インスタを使った見つけ方!

さとしです。 サッカーワールドカップでの日本対ベルギー戦は悔しい気持ちでいっぱいになりましたが、ドラマチックな試合で楽しませてくれました。 ワールドカップでの楽しみと言えば美女サポーターにも注目となっ …

日大アメフト部 加害者(宮川泰介選手)会見で井上奨コーチの指示が明らかに!

さとしです。 日大アメフト部の劣悪なタックル案件で、加害者である宮川泰介選手が5月22日に記者会見を開き、コーチや監督から直接の支持があったことが明らかになりました。 宮川選手の会見から、事件の発祥と …

【動画あり】宇野昌磨選手銀メダルの彼女は誰?2chで噂?好きな女性のタイプや結婚観は?

さとしです。 フィギュアスケート男子フリー、羽生結弦は日本人の金メダル1号、 宇野昌磨が銀メダル、銅メダルはスペインのハビエル・フェルナンデスに、 五輪連覇は66年ぶりということです。   …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。