自由村

自由な村の村長の生活のお役に立てる情報です。!

車・バイク・自転車

新型N-BOX と新型スペーシアを徹底比較!燃費・安全装備・価格・室内はどちらが広い?

投稿日:2018年6月28日 更新日:

さとしです。

さとしはスズキの軽自動車スペーシアの前のパレットに乗っています。

中は広く内装も満足です。

なんでスズキはフルモデルチェンジで名前を帰るのかは分かりませんが、スペーシアもフルモデルチェンジすると名前が変わるかも知れませんね。

そこで最近軽自動車でも安全装置が付いている車が増えてきましたのでスペーシアとN-BOXについてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

 

新型N-BOX と新型スペーシアのデザインで比較

・N-BOX(ノーマルグレード)

前身モデルをキープコンセプトして親しみやすいデザインになっています。

ヘッドライト・テールランプはフルLEDになっており、見た目だけではなく消費電力カットにもなっている。

 

・スペーシア(ノーマルグレード)

対するスペーシアも落ち着いたデザインを採用しています。

N-BOXとの大きな違いはLEDヘッドランプがオプション設定になっていることです。

スーツケースをモティーフにしたデザインはキャラクタがあります。

 

・N-BOX(カスタムグレード)

前身よりも大分すっきりしたデザインになっており、押し出し感が若干薄まりました。

しかしより広い年代に受け入れられると思われます。

またLEDヘッドランプは最近のホンダ車が採用するデザインになっており、しかも軽自動車では初採用のシーケンシャルウィンカー搭載

 

・スペーシア(カスタムグレード)

押し出し感で言えばスペーシアの方があります。

しかし個人手にな感想で言えばまとまりがないと感じます。

またウィンカーも電球なのでN-BOXと比較すると物足りない。

デザインまとめ

デザインに関しては人によって感じ方がこのとなるので何とも言えませんが、新型N-BOXの方が灯火類フルLED仕様(ナンバー灯以外)ですので、所有欲は高いのでは??

特にノーマルグレードでもフルLEDなのは明るいですね。

 

新型N-BOX と新型スペーシアのインテリア!

・N-BOXインテリア

 

・スペーシアインテリア

 

どちらも軽自動車としては室内は良いですね。

N-BOXはメーターを上部に持ってくることで視線移動が少ないように工夫されています。

収納面でも前車のデメリットだった少なさを解消しています。

スペーシアはインテリアでもスーツケースをモチーフにしており、遊び心あるデザインになっています。

また助手席まえの収納は二段式になっており、ボックステッシュも入れることができます。

 

新型N-BOX と新型スペーシアの室内広さを比

N-BOX
室内寸法(mm)長さ2,240
幅1,350
高さ1,400

スペーシア
室内寸法(mm)長さ2,155
幅1,345
高さ1,410

数値的には少し違いますが、実際は殆ど一緒といってもいいでしょう!

室内の広さに関しては両者同等の戦いです。

 

ラゲッジスペースや乗り降りのしやすさは?

・N-BOX ラゲッジスペースと寸法

 

・スペーシア ラゲッジスペースと寸法

こちらに関してはN-BOXの勝ちですね。

燃料タンクが後列にないため荷室の床面地上高が、スペーシアと比較して4cmも低い!

また荷室開口高はN-BOX:1200mmに対してスペーシア:1150mmとこちらもN-BOXの勝ちです。

 

スライドドアの寸法は?

では、次に乗り降りのしやすやに直結するスライドドア開口部の寸法を比較します♪

N-BOX
開口幅:640mm
開口高:1245mm

スペーシア
開口幅:600mm
開口高:1245mm

開口幅が4cmもの違いがあります。

軽自動車での4cmは大きなものですので、N-BOXのほうが乗り降りしやすいという結果になりますね!

更にN-BOXにはオプションで「ハンズフリースライドドア」が設定されており、足をスライドドア下にかざせば開くようになってます。

荷物を持ちながらや雨の日にも足で開けられますので、奥様には嬉しい装備と言えます。

スポンサーリンク

新型N-BOX と新型スペーシアの安全装備を比較する!

両者とも運転支援システムが採用されています。

どちらがどんな実力あるのかわかりやすく比べてみましたよ!

N-BOX:ホンダセンシング
車線維持支援システム
路外逸脱抑制機能
誤発進抑制機能
歩行者事故低減ステアリング
アクティブクルーズコントロール
先行車発進お知らせ機能
標識認識機能
オートハイビーム
後方誤発進抑制機能

スペーシア:デュアルセンサーブレーキサポート
誤発進抑制機能
車線逸脱警報機能
ふらつき警報機能
先行車発進お知らせ機能
ハイビームアシスト
後退時ブレーキサポート
後方誤発進抑制機能
リヤパーキングセンサー

一見するとほぼ同じような機能に見えますが、相当違いがあるので説明しますね。

まずN-BOXの方は、アクティブクルーズコントロール・車線維持支援システム・歩行者事故低減ステアリングの点が異なります。

アクティブクルーズコントロールは設定した速度で車間距離を自動で保ってくれる機能です。

車線維持支援システムはクルーズコントロール使用時に、車線中央をキープしやすいようにステアリングアシストします。

歩行者事故低減ステアリングは歩行者と接触の恐れがある場合は回避操作をアシストします。

一方スペーシアに関しては、後退時ブレーキサポートが軽自動車初となります。

リヤパーキングセンサーが障害物を感知して、ぶつかると判断した場合は自動ブレーキ制御がかかる仕組みです。

 

 

またスペーシアにはオプションになりますが、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」も軽自動車初採用も見逃せない

総合的な評価はN-BOXの方が優れていると判断できます。

特に高速道路使用が多いユーザーは、アクティブクルーズコントロール・車線維持支援システムの恩恵を受けることができます。

自動で前車に追尾してくれるので一度経験すると便利すぎて戻れませんね♪

その他にN-BOXでは殆どのグレードに、サイドエアバッグとカーテンエアバッグを標準搭載している点もポイントです。

子供など載せる機会が多い軽自動車ですので、こういった点は無視できない!

一方スペーシアは上級グレードは標準装備されていますね。

 

新型N-BOX と新型スペーシアの燃費比較する!

燃費に関してはマイルドハイブリッドを採用するスペーシアが勝利ですね。

N-BOX:27.0km/l~
スペーシア:30.0km/l~
となっていますし、実際の市街地ではモーター走行可能なスペーシアの方が実燃費も良いと判断します。

この点はモーターアシスト搭載車には今のところ軽自動車で敵はいませんね。

 

新型N-BOX と新型スペーシアの価格を比較

N-BOX:1,385,640円~1,880,280円
カスタム:1,698,840円~2,080,080円

スペーシア:1,333,800円~1,589,760円
カスタム:1,576,800円~1,908,360円

約10万円スペーシアの方が安いです。

しかし運転支援システムの機能・カーテンエアバッグの幅広いグレードでの標準搭載・ノーマルモデルでもLEDヘッドランプ標準など、価格差はあまり変わらないと思います。

まあほぼ価格については値引きもできますから引き分けと思います。

 

まとめ

このサイトには書ききれなかった両者の魅力はもっとあると思いますが、さとし的にはN-BOXがお勧めです。

その理由はやはりホンダセンシング機能の充実と安全装備であるエアバッグですね♪

追従式クルーズコントロールと車線維持の組み合わせは、高速道路などの長距離移動で大きな疲労感の違いになります。

ただ奥様の街乗りセカンドカーではスペーシアに軍配が上がりますね。

高速をよく使うのならN-BOX。

街乗りならスペーシア。

こんな感じでしょうか?

またスペーシアは軽自動車でも狭い道が苦手な人のは360度ビューもオプションで用意されているなど、日常での使いやすさを追及しています。あと若干ですがスペーシアの方が0.1m小回りがききますよ♪

お役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。

-車・バイク・自転車
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カーナビ不要 スマホやタブレットをカーナビにする方法!

さとしです。 さとしが持っている車は軽自動車と普通車の2台ありますが軽自動車を買ったときはカーナビは付いていませんでした。 軽自動車となるとカーナビを付けない人も多いと思います。 しかし、道が分からな …

細かいキズが消える!車用コンパウンドの磨き方、使い方、やり方やおすすめのコンパウド紹介!

さとしです。 さとしも車は毎日運転しています。 田舎なのでどこに行くにしても車は必需品で無いと非常に困りますね。 車は自分でも大切にしているためキズなどができると気になってしまいます。 いくら大切にし …

ランボルギーニを所有するにはいくら必要?維持費は高い?

さとしです。 年齢がバレてしまうかもしれませんが、さとしが小学校の頃にスーパーカーブームが起きてさとしもランボルギーニカウンタックへのあこがれで写真をとったり乗ったりました。 まあ乗ったといっても展示 …

【車ヘッドライト黄ばみ磨き】簡単に車の黄ばみやヘッドライトの曇りを落とす方法と原因!感想&用意する道具

さとしです。 車のヘッドライトってなんで黄ばんできたり曇ってきたりするのか? 新車の時は当然ですがビカビカで黄ばみや曇りもありません。 数年で黄ばみや曇りがでてきて新車で買ったのにいつも間にか中古車感 …

no image

携帯電話 ハンズフリー通話も罰金 減点になる!?

さとしです。   さとしの住んでいる自由村は田舎で あるため車は欠かせません。   高齢者の車の運転が問題になって いますが、車が無ければ移動手段が 歩きか自転車しかありません。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。