自由村

自由な村の村長の生活のお役に立てる情報です。!

車・バイク・自転車

細かいキズが消える!車用コンパウンドの磨き方、使い方、やり方やおすすめのコンパウド紹介!

投稿日:2018年6月18日 更新日:

さとしです。

さとしも車は毎日運転しています。

田舎なのでどこに行くにしても車は必需品で無いと非常に困りますね。

車は自分でも大切にしているためキズなどができると気になってしまいます。

いくら大切にしている方でもいつの間にか細かい傷はできてしまいますので何とかしたいですよね。

そんな悩みはコンパウンドを使うときれいにピカピカになります。

そこで、細かいキズが消える!車用コンパウンドの使い方やおすすめのコンパウド紹介致します。

スポンサーリンク

車のキズを消すコンパウンドってなんだろう?

車用コンパウンドとはどのようなものなのか。

わかりやすくご説明すると、ボディを磨いて表面をピカピカに仕上げる研磨剤です。
コンパウンドのタイプは色々あり、ビギナーでも扱いやすいものから、達人向けの使いづらいものもあります。

からくりとしては、細かいキズの周りを磨いてキズを均一にし、ボカシて目立たなくするというもので、コンパウンドのタイプと施工方法がうまければ、鏡面仕上げにまで持っていって、自分の姿を鏡の様に見れるレベルまで仕上げる事もできます。

大きくて深いキズを磨り消す事はできませんが、車の細かいキズだったらコンパウンドでたわいなく消す事が可能ですよ!

コンパウンドのタイプはどんなものがあるの?

車の外装を磨いた事がある達人向けの物から、全くやった事のない未経験者向けの物までタイプは豊富です。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、表面の磨きは洗車をしてホコリやゴミを落とさないとキズが増えますよ。

コンパウンド入りWAX

コンパウンドのみの物ではありませんが、ワックスがけと共に細かいキズを消してくれる、まさに一石二鳥の商品です。
ワックスがけをしたことがある人なら、特に扱いやすいかと思います。

やり方は至って簡単で、スポンジに薄く塗りつけてワックスと同じようにボディに薄く塗り、乾いたらタオルで拭きとるだけです。

ポイントとして、タオルのきれいな面で拭きとる事ですので、汚れた面で拭きとると、せっかくキレイになった部分を傷つけてしまう事になります。

仕上がりの質は普通、扱いやすさは抜群で、ワックスのボディ表面保護効果もあります。

ボディの色によってもタイプが分かれていて、黒・白・オールカラー対応の物があります。

おすすめは、リンレイのコンパウンドWAXです。
価格も1,500円前後で、使いやすいです。

液体コンパウンド

コンパウンド入りワックスと違って、仕上がりのツヤが特別に上がります。
ボディ外装の保護では、別途ワックスがけをする必要があります。

コンパウンド粒子の細かさが段階分けされていて、粗目(キズ消し)→中目(仕上げ)→細目(鏡面仕上げ)が定番となっています。

仕上がりのクォリティーはとてもキレイ、慣れるまでは少し扱いにくく、ワックスの様なボディ表面保護効果はありません。

やり方は少しコツがいりますが、実践してしまえば誰にでも出来るので心配無用です。
うまく仕上げる方法のコツとしては、スポンジに少量の液体コンパウンドを付けて、直線なりにキズに対してこすり磨く事です。

円をかくようにこすると余計な部分までコンパウンドが付いてしまう事になるので、極力キズの部分だけを磨くようにしましょう。

さとしのおすすめの液体コンパウンドは、SOFT99の「液体コンパウンドトライアルセット」です。

価格は1,200円程度でトライアルセットが600円程度で販売されています。
普通、コンパウンド目の粗さ別でばら売りされている事が多いのですが、キズ消しから鏡面仕上げまでの3種類がセットになっているので比較的安上がりで済みます。
パッケージには使い方も分かりやすく書いてあるので、初心者の人でも安心して仕上げれるようになっています。

まずは、トライアルセットで試してみるのも価格が安価でいいかも知れません。

スポンサーリンク

失敗しないコンパウンドの磨き方、使い方、やり方!

コンパウンドでの「磨き方、使い方、やり方」。
細かいキズを消せるのは無論なのですが、やり方を間違えると塗装がはげて不用意に目立ってしまいます。

気を付けなければいけない磨き方は、

・力を入れすぎない
・円を描くような動きで磨かない
・ホコリやゴミが付着した状態で磨かない(しっかりと水で洗い流してから)
・コンパウンドをふき取って汚れた面を使い続けない

上記4点になります。

一番最初に記述した通り、コンパウンドは細かいキズを均一にする、つまりデコボコを無くす為にボディ表面を研磨剤で削る行為なのです。
粗目でザックリ、中目で滑らかに、鏡面仕上げでツルツルに、と言った具合で。

塗装面やコーティング面はレディのお肌同様、とても繊麗なので注意してやりましょう。

まとめ

コンパウンドの磨き方や使い方、やり方などと商品のおススメは参考になったと思います!

多分、難しそうに見えた「細かいキズを消す」事が、少し簡単に見えてきた方もいらせられるのではないでしょうか。

最後になりますが注意事項を。

まず、ボディに細かいキズがつく原因はいくつかあります。
走行中に飛んでくる、ホコリ・砂・雨・小石・洗車時のスポンジをこする行為など、結構多いんです。
実はこれ、洗車の方法を変えてみる事でキズを減らす事が出来るんです。(洗車の方法が悪いとキズが目立つ可能性が高いです)

気を付ける事は、
・スポンジは古くなったら交換
・バケツに水を汲んでボディにかける(優しくかける)
・シャンプー前にボディのホコリや汚れを水で流す
・シャンプーを付けたスポンジは強くこすらない
・水をかけるのは上から順番にかける
これだけでもキズは付きにくくなりますよ♪

運転中についた小さなキズはコンパウンドするしかありませんが、普段のボディケアを丁寧にすることによって防げるキズもたくさんあります。

今では高額なボディー磨きをしてキズを消す方法も有りますがまたの機会にお伝えしたいと思います。

お役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。

-車・バイク・自転車
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【比較】ハイブリッド車とガソリン車は結局のところ維持費やコストはどっちが安い?

さとしです。 最近は日産の電気自動車の勢いが止まりませんが、電気自動車は日産と三菱が市販車では出していますが、ほかの自動車メーカー(外車は除く)は市販車まで出ていない状況です。 そこで今回は、まだまだ …

新型N-BOX と新型スペーシアを徹底比較!燃費・安全装備・価格・室内はどちらが広い?

さとしです。 さとしはスズキの軽自動車スペーシアの前のパレットに乗っています。 中は広く内装も満足です。 なんでスズキはフルモデルチェンジで名前を帰るのかは分かりませんが、スペーシアもフルモデルチェン …

ニンジャ250(Kawasaki)2018年モデルレビュー

さとしです。 2018年新型ニンジャ250(カワサキ)が発売されました。 新型ニンジャはいままでのジンジャと全く違うと評判になっています。 そんなニンジャ(Kawasaki)についてお伝え致します。 …

車のワイパーの交換と見極め時期や寿命年数は?ポイントは劣化原因を見極める方法!

さとしです。 梅雨の季節になりました。 雨の日が多いと車のワイパーも頻繁に使用します。 晴れの日は気が付かなったワイパーの劣化で雨の日にワイパーを動かしても見えにくく早めに交換しておけばよかったと後悔 …

車酔いの予防と治し方!酔い止め薬のおすすめや即効性がある対処方法とは?

さとしです。 子供の頃せっかくの遠足などでバスに酔ってしまい残念な遠足になることが多く同じ経験をした方もいらっしゃると思います。 そんな時でも問題は解決!車酔いの予防と酔ってしまった時の治し方さえ知っ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。