自由村

自由な村の村長の生活のお役に立てる情報です。!

車・バイク・自転車

ニンジャ250(Kawasaki)2018年モデルレビュー

投稿日:

さとしです。

2018年新型ニンジャ250(カワサキ)が発売されました。

新型ニンジャはいままでのジンジャと全く違うと評判になっています。

そんなニンジャ(Kawasaki)についてお伝え致します。

まずは、kawasaki Ninja250 2018の試乗インプレッションをご覧ください。

スポンサーリンク

ニンジャ2018年モデルって進化しているの?

今何より熱い排気量のクラスといえば250ccクラス。各社もち味的な250ccバイクをリリースしています。もともと250ccクラスは車検などがないので人気の排気量ではありました。その人気に火をつけたのは10年前の2008年4月にリリースされたニンジャ250Rでした。

カワサキはニンジャ250Rの他にもモタードバイクのDトラッカーXやオフロードバイクのKLX250を連続リリース。250ccクラスの選択項目を増やし手びろいユーザーの要求にこたえました。

取り分け好評だったのはニンジャ250R。フルカウルを纏ったスポーティーな設計。セパレートハンドルを採用しながらポジションはアップライト。しかもシート高は775mmと足つき性も抜群だったことからエントリーユーザーを真っただ中に人気が爆発しました。その後ニンジャ250Rはフルモデルチェンジして名前も“R”が抜けてニンジャ250に。

リリースその時は他のメーカーを見てもフルカウルスポーツモデルは存在せず、ニンジャ250R一強という形でしたが、今やホンダはCBR250RR、ヤマハはYZF-R25、スズキはGSX250Rと、各社ラインナップしていきています。

しかし、他メーカーのフルカウルスポーツモデルはまだ1代目。それに対してカワサキのニンジャ250は2回のフルモデルチェンジをはたしており、今回3代目となりました。

2代目も1代目と比べて熟成されており、特に扱いやすさは他メーカーと勝負ても優位性を感じましたが、3代目はどのように進化したのか?お伝えしていきます。

スポンサーリンク

ニンジャ250(2018年モデル)の装備はこれだ!

カワサキが他社から先駆けて採用していた装備としてアシストクラッチ&スリッパーがあります。この仕組はクラッチ操作を軽くし、ギアダウン時にリアタイヤがロックしてしまうのを軽減するもの。

カワサキのデータによれば2017年モデルに比べて20%クラッチコントロールが軽くなったそうですが、現にに使ってみると率直良くわかりません。というのも2017年モデルの時でものすごくクラッチコントロールは軽かったからです。只只少しでも軽く!と進歩をやめない技術者の執念を感じます。

シートは前後セパレートモデル。リアシートは鍵で脱着できる、フロントシートはリアシート下にあるワイヤーを引き出すと外れるメカニズムです。リアシート下は余裕がありETCは余裕で納まりそう。データによればETCと合わせてU字ロックも収まるそうです。コンパクトになるレインウエア程度であれば押しこめそうです。

エントリーモデルとしては気になるシート高ですが、2018年モデルは795mm。2017年モデルと比べると10mm。初代と比べると20mm高くなっていますが身長が低い女性の方でも片足はつきますので不安感はないと思います。シート先端がスリム化されたこと、足をおろした際にステップなどが干渉しないことが足取り性を良好にしています。

二眼のヘッドライトはLED化されました。視認性はもちろんですが高級感も感じさせます。2017年モデルまでは有り無しが選択できたABSは標準装備に。ブレーキング時にタイヤがロックするのを和らげるさせる装置なので標準装備は受け入れしたいところです。

最後に気になるお価額はどれぐらい変わったのかというと、2017年モデルのABS付赤・黒塗装モデルは62万460円(税込み)。それに対して2018年モデルの赤・黒塗装モデルは64万440円(税込み)なので差額は約2万円。

エンジンとフレームがリニューアルされLEDのヘッドライトも採用していますので、このぐらいの差額であれば受け入れられる範囲といえるでしょう。装備が一新されたのに値上げ幅が小さくすんだのは恐らく生産国の違いです。2017年モデルのニンジャ250は国内生産でしたが、2018年モデルはタイ生産となったことが原因といえます。

スポンサーリンク

ニンジャ250(2018年モデル)足回りをチェック!

好き嫌いが極端に分かれると感じたのは足回りのセッティング。2017年までのニンジャ250は前後サスペンション共にソフトめ。スポーツ走行には少し不向きなセッティングなのかもしれませんが、不満は感じない程度で街乗りでも乗りやすい印象をうけました。ちょうどエントリーユーザー向けのセッティング。

しかし2018年モデルのニンジャはちょっと前後共々サスペンションのセッティングが硬くなりました。走行中に段差による突き上げが小々増えて徐々にと細かい段差の衝撃を拾うようになっています。

コーナリングも何となしに曲がれた2017年モデルまでに比べて、しっかりと荷重移動して曲がるようなセッティングになっています。ただリアサスペンションはプリロードのセッティングができるようになっており、工場からの出荷時は1段階かかっているので違和感があればサスペンションのセッティングで変更することをおすすめします。

ニンジャ250(2018年モデル)のガソリンタンクに注目!

2017年モデルまではガソリンタンクの容量が17Lだったが、2018年モデルは14Lに減ってしまいました。燃費は実燃費に近いWMTCモードで比べると2017年モデルは25.7km/L。2018年モデルのニンジャ250は26.2km/Lと燃費が良くなっています。

馬力が上がっているのに燃費が良くなっているとはさすが新型エンジンとほめるべきところですが、ガソリンタンクの容量減の影響で連続航行距離にして70kmほど縮まったことになります。

しかし、一度給油すれば350km程度は無給油で走れることになりますから決して満足いかない数値ではありませんね。

ニンジャ250は2017年モデルと2018年モデルのどっちがいい?

競合相手が出力に優れたエンジンを搭載したバイクをリリースしてきたわけですから、当然カワサキだって黙っちゃいません。馬力感に関しては数字だけではなく、がっちり体感できるぐらいアップしてきました。

ただ、個人的にはニンジャ250の魅力は圧倒的な乗りやすさにあったように思います。馬力がアップしたことで扱いにくくなったわけではありませんが、以前のようなマイルドさはありませんし、パワーアップした馬力に立ちむかうような足回りに進歩したことでスポーティーな乗り心地になりました。今までのニンジャ250に比較すると若干方向性が変わったように思います。

圧倒的な扱いやすさが良いと言う方は2017年モデルをお勧めします。

性能や最新型が良いと言う方は2018年モデルのニンジャ250がおすすめです。

ニンジャ250(Kawasaki)2018年モデル まとめ

ニンジャ250の2018年モデルの進化はお分かりになりましたでしょうか?

2017年モデルも乗りやすいんでこっちの方がいいと言う方も多いんではないでしょうか。

でも、やはり最新モデルに魅力はありますからこれから購入しようと思っている方は悩んでしまうかも知れませんが悩んでいる時が一番楽しい時ですよ。

お役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

-車・バイク・自転車
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【車ヘッドライト黄ばみ磨き】簡単に車の黄ばみやヘッドライトの曇りを落とす方法と原因!感想&用意する道具

さとしです。 車のヘッドライトってなんで黄ばんできたり曇ってきたりするのか? 新車の時は当然ですがビカビカで黄ばみや曇りもありません。 数年で黄ばみや曇りがでてきて新車で買ったのにいつも間にか中古車感 …

自動車税納付書が届かない場合の連絡先と納税期限を超えても延滞金は付かない?

さとしです。 自動車税は毎年5月末までが納付期限となっていますが、6月過ぎるとさすがに焦ってきますよね。払わなくて良いならいいけど、放置すると延滞金がかかるため、納付期限以内に払いするのが常識です。 …

no image

ドライブレコーダー 2017 最新機種で証拠を残す選び方。

さとしです。   先日追突されたことを当サイトで お伝えしました。   今は車は無くてはならない乗り物です。   特に田舎は移動手段が車となっているため 運転できるように …

ランボルギーニを所有するにはいくら必要?維持費は高い?

さとしです。 年齢がバレてしまうかもしれませんが、さとしが小学校の頃にスーパーカーブームが起きてさとしもランボルギーニカウンタックへのあこがれで写真をとったり乗ったりました。 まあ乗ったといっても展示 …

細かいキズが消える!車用コンパウンドの磨き方、使い方、やり方やおすすめのコンパウド紹介!

さとしです。 さとしも車は毎日運転しています。 田舎なのでどこに行くにしても車は必需品で無いと非常に困りますね。 車は自分でも大切にしているためキズなどができると気になってしまいます。 いくら大切にし …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。