自由村

自由な村の村長の生活のお役に立てる情報です。!

生活

年金生活者の本当実態は?年金受給額や生活費は平均いくら?

投稿日:2018年4月23日 更新日:

さとしです。

さとしはまだ年金を貰う年齢ではありませんが将来いくら貰えるのか気になっている人は多いと思います。

本当の実態を調べてみましたのでお伝えいたします。

スポンサーリンク

老後の生活費は月21万~28万円ぐらい

総務省「家計調査(第3-2表世帯主の年齢階級別1世帯当たり1か月間の収入と支出)」によると、世帯主が60歳以降世帯の平均消費支出額は次のような支出額になっています。(平成30年2月)

60から69歳の世帯:月27万9718円
70歳以降の世帯 :月21万2508円

また、金融広報中央委員会の調査(家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]平成29年調査結果)によると、老後の生活費として現役世代が見込んでいる金額は平均で月27万円ほど必要と見込んでいます。

年金の平均受給額は一般世帯で月22万1000円!

では、年金受給額はどうなっているのでしょうか。

日本年金機構によると、一般世帯(後述)の年金月額は、約22万1,000円(平成30年4月現在)とのことです。

内容は、夫の老齢厚生年金が約9万1,000円、老齢基礎年金が約6万5,000円、妻の老齢基礎年金が約6万5,000円となっています。ちなみに一般世帯とは、夫が厚生年金に40年加入し、妻が第3号被保険者を含め、国民年金を40年納めた場合です。

実際の年金受給額は一般世帯より少ない

一般にはこの数字が平均の年金額とされているようですが、モデル世帯のような条件の良い世帯は現実には少数派でしょうから、実際の年金額はもっと少なくなります。

実際の年金額の平均は、日本年金機構の統計(平成29年2月末現在)によると次のとおりです。

厚生年金:月14万7,393円(20年以上加入の場合、基礎年金含む)
基礎年金:月5万4,549円

夫が会社員、妻が専業主婦というモデルに合わせた場合、平均の年金額は20万1,942円になります。やはりモデル世帯の年金額より少ないですね。

60歳から69歳の支出額からみると、必要経費が月27万9718円ですから約7万8,000円不足することになります。

スポンサーリンク

年金支給開始の年齢によって不足額が膨らむって本当?

ただし、上の年金受給額やモデル年金額には、基礎年金が含まれていることに注意が必要です。

というのは、基礎年金は原則65歳から。上の例で考えると、60歳から65歳になるまでは夫の厚生年金しか受け取れないことになりますね。

金額をはっきり示した統計資料はありませんが、単純計算で上の基礎年金を含む厚生年金の額から基礎年金の額を引くと、約9万3000円ほどとなります。

これをもとに計算すると、月の不足額は実に約18万7000円。60歳から厚生年金を受け取るとしても、5年間で約1121万円が不足するという計算になります。

しかも、これから年金を受け取る男性の厚生年金の受給開始は62歳以降。年を下るごとに年金の受給開始年齢も遅くなります。60歳以後、2年から5年の間は完全に無収入となり、さらに不足額は増えます。

今後は年金額改定ルールの見直しにより年金額は増えにくくなる?

2016年末に成立した法律による年金額改定規定の見直しも今後導入されていきます。これら構想により、今後は年金がこれまで以上に増えにくくなります。

老後資金はしっかり貯め、できるだけ働き続けること!

このように、年金生活で悠々自適という生活は、もはや過去のこととなってしまったようです。

足りない分は働いて勤める収入を得るか、預貯金などの金融資産を取り崩してまかなうしかありません。

高年齢者雇用安定法により、厚生年金支給開始年齢までは希望者全員を継続雇用するよう企業は義務づけられています。60歳以降、働く場がある限りは働いて収入を確保すると同時に、老後資金をしっかりと準備しておくことが必須といえそうです。

年金生活本当の実態まとめ

さとしの会社も定年後の再雇用で65歳まで働くことは希望で可能になっています。

さとしはできれば60歳で定年後は働かず65歳から年金を受給したいと考えています。

では定年後の5年間はどうするのかというと趣味の投資で食べていけないかとあさはかかも知れませんがこのように考えています。

実際に今も投資ですこし稼いでいます。

いわゆる最近はやりの副業ですね。

副業についてはまたお話しする機会を別途設けます。

お役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

-生活
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

香典で会社の同僚の祖父母の場合は?家族のどこまで出す?

さとしです。 会社の同僚の親や祖父が最近よくお亡くなりになり香典を集めたりします。 香典を出すか出さないか、というのは毎回悩みますよね。 社員数の多い会社だと必然的に家族世帯が多くなるし、頻繁に葬儀の …

定年後でも「お金を稼ぐ」にはどうする?方法は2つ

さとしです。 サラリーマンのさとしですが、定年後のことを考えるようになりました。 定年すると退職金は入るので安泰かと思いきや借金の返済や老後の生活に残しておかないと生活ができません。 恐らく定年後も働 …

内のしと外のしの違いとは?使い分けや書き方を公開!

さとしです。 お歳暮を発注するときに、「内のしにしますか?外のしにしますか?」 と聞かれますが、この違いや使い分け方を知らないとどうすれば良いのか分からずどちらがいいか判断に困ります。 今回は、今更聞 …

no image

大掃除の完璧なスケジュールとリスト

さとしです。   11月に入りそろそろ大掃除の計画や スケジュールを決めないとあっと言う間に 正月を迎えてしまいます。   一般的に燃えるごみは週2回回収がありますが、 燃えない不 …

訃報メールの返信の仕方 方法とお悔やみの書き方と文例!

さとしです。 訃報の連絡がメールできた場合の返信方法って返したらいいか悩みますよね。 メールをくれた本人の家族の誰かが亡くなっていた場合どんな言葉をかけたらいいのか、病気でやむを得ない場合はともかく、 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。